畳のお手入れ 畳のお手入れしっかりと出来ていますか?

畳を長持ちさせるにはお手入れが重要です。日常のお手入れ、畳のしみや汚れの対処法をご紹介!

日常のお手入れ

畳の目に沿って掃除機をかけて、乾いた雑巾でカラ拭きをしてください。ぬれ雑巾で拭くと畳の光沢がなくなり、黒ずむことがあるので注意して下さい。

掃除機のかけ方は、畳の目に沿って、ゆっくりと1畳40〜60秒かければ、ほこりがよく取れ、畳も傷めずアレルゲンの減少、増殖防止になります。

天気の良い日には、窓を開けて風を通しましょう。

直射日光は畳表の変形をまねき痛みを早めますからできるだけ避けてください。

ピアノや机のあるような足のある重い物は直に置かないこと。

畳の上にはなるべくジュータンなどを敷かないで下さい。畳の呼吸を妨げカビ、虫などが発生する原因となります。

梅雨の季節、湿度の高いときは、窓を開けず、エアコンで室内の書室をしてください。

できれば年2回は日干しをしてください。

畳のしみや汚れの対処法

インクをこぼした時
牛乳で湿らせて拭き取る。またはレモン汁で湿らせた後、塩素酸ソーダを10倍にうすめた液で拭く。
畳にカビがはえてしまった時
消毒用アルコールを布に浸みこませて拭き取る。
畳の日焼けを少し消したい時
中性洗剤でかたく絞った雑巾で雑巾がけをしてから、酢を混ぜたお湯で拭く。
クレヨンがついた時
クリームクレンザーをごく少量、乾いた布につけ丁寧にこする。
醤油をこぼした時
こぼした上に小麦粉を、ベビーパウダー等をふりかけ、粉末に吸い取らせ、掃除機で処理する。
家具の後がついた時
凹んだところに適度に霧吹して、ぬれタオルを当てアイロンをかける。
焼けコゲをつくった時
タバコの様に小さい場合は透明のセロハンテープを貼ってコゲ穴を大きくしないようにする。
灯油、おしっこをこぼした時
粉末の洗剤・クレンザー・塩・小麦粉などをふりかけ、充分液体を吸い取らせ掃除機で処理し、その後かたく絞った布で何度も拭く。
マーキュロをこぼした時
次亜塩素酸ソーダ入りの漂白剤をつけ、更に10倍うすめた硝酸で拭く。